永久脱毛秋田

私がやっていたムダ毛の処理法

私の無駄毛は濃くて量が多くて範囲も広いので今までの人生、およそ脱毛という名前のつくものにはなんでも手を出してきました。

 

高校生の頃は主に入浴中に剃刀でそっていました。
腕と、足と、脇すべてを剃ってました。
剃るという処理方法はなんといっても時間も費用もかからないですものね。
かなり長い間、剃るという方法にそれなりに満足していました。

 

だけども、剃るという方法は次の無駄毛が生え始めたときにちくちくして肌触りが最悪になるんですよね。
私は脛の毛が特に濃いので、剃った後に無駄毛が生え始めると脛全体がまるで男性の顎なみにチクチクします。
チクチクというよりもザラザラです。

 

初めて彼が出来たころ、触れた途端に興ざめするこの脱毛方法は絶対にNGと悟りました。

 

それ以来、自分で毛抜きで抜いたり、家電量販店で購入した無駄毛を抜くような商品を使ったりしてきました。

 

でも、これも長く続けると問題がでてきます。
まず、毛穴が目立って黒ずんできます。
きれいに抜いた後でも、まるでニキビあとのようなぽつぽつが残るようになり、肌に負担をかけているんだな、と目に見えて
わかるようになってしまいました。
もう一つは、生えそうなまま生えてこずに皮膚の下にたまる「埋もれ毛」がたくさんできてしまったことです。
炎症の元にもなるし、もちろん見た目もよくありません。

 

脱色やそのほかの方法もいろいろ試しましたがやはり自分で処理を続ける限り、無駄な毛はまた生えてくるし肌にも負担をかけ続けてしまうんだな、というのが今の正直な感想です。